最新情報

芳賀教育美術展 関連企画 もおか子ども美術館

芳賀教育美術展 関連企画 もおか子ども美術館

「もおか子ども美術館」

1.開催趣旨
 「子ども中心主義」という「創造美育」の理念にもとづき、子どもたちが自由にのびのびと制作できる場を提供し、応募していただいた作品を特別に展示いたします。作品が生まれる舞台となったワークショップフェスタ「みんなの久保アトリエ」の様子や「子ども学芸員」による解説パネルの制作の様子もあわせて紹介いたします。子どもたちの希望に満ちあふれた豊かな創造力を感じていただければ幸いです。

2.開催期間
2021年12月9日(木曜日)~2022年2月6日(日曜日)

3.開館時間・入場制限
新型コロナウイルス感染拡大防止対策のためのご協力をお願いいたします。
・開館時間 9:00~17:00(最終入館16:30)

・入場制限
1.館内における人と人との十分な間隔が確保できるようご協力をお願いいたします。
2.体温を自宅で検温の上、ご来館ください。体調不良者、37度5分以上の方の入館はお断りさせていただきます。
3.入場の際、マスク着用をお願いいたします。マスク着用がない方の入館はお断りさせていただきます。
4.入口での手指消毒をお願いいたします。
5.新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)のインストールにご協力お願いいたします。
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/cocoa_00138.html

4.休館日
毎週火曜日、2021年12月29日(水曜日)~2022年1月3日(月曜日)

5.入館料 無料

6.開催場所 久保記念観光文化交流館 美術品展示館
〒321-4305 真岡市荒町1105番地1
電話番号:0285-82-2012

7.久保資料室(久保記念館2階)のご案内
 久保貞次郎の功績を紹介しています。あわせて是非ご覧ください。

8.主催
真岡市教育委員会

9.今後の展示のご案内
第32回企画展「油絵の魅力」
会期:2022年2月20日(木曜日)~5月16日(日曜日)

10.『美術品展示館企画展作品集』観光物産館にて販売中!
 美術品展示館の第1回~10回までの企画展の内容を収録した作品集を販売しております(1300円)。是非お買い求めください。

「川上澄生 アラスカ物語-刻まれた若き日の風景ー」アートリンクとちぎ2021 栃木県立美術館収蔵品展


アートリンクとちぎ2021 栃木県立美術館収蔵品展
「川上澄生 アラスカ物語-刻まれた若き日の風景ー」

1.開催趣旨
 川上澄生(かわかみすみお・1895-1972)本名、川上澄雄は、大正から昭和にかけて活躍した版画家であり、詩人です。「木版画の詩人」と呼ばれ、その独特な画と詩が織りなす詩情あふれる木版画は、川上ならではの世界といえます。

 川上澄生は、宇都宮市に深いゆかりのある作家で、1921年に旧制宇都宮中学校(現・宇都宮高等学校)の英語教師となり、その頃から本格的に木版画を手がけるようになりました。また、戦時中に北海道へ疎開した数年を除き、約50年間を宇都宮の地で過ごし、終戦後の1949年からは、宇都宮女子高等学校の英語教師として教鞭をとり、昼は教え子から親しまれる勤勉な英語教師、夜は木版画家として制作を続け、川上独特の作風を完成させていきました。

 また、1926年の国画創作協会展に出品した《初夏の風》を見た棟方むなかた志し功こう(1903-1975)が感銘を受け、版画家を志したことでも知られているように、芸術の世界にも大きな影響を与えています。川上の飽くなき創作意欲は版画作品以外にも注がれ、油彩画、水彩画、ガラス絵、焼絵、絵本、蔵書票、玩具など、多種多様な作品を生涯に渡り生み出しました。その作品たちは、今もなお、世代を越えて多くの人々を魅了し愛されています。

 本展覧会では、栃木県立美術館が収蔵する約1000点にも及ぶ川上澄生作品の中から、川上澄生が若き日に、アラスカで過ごした日々をのちに綴った『アラスカ物語』から、詩情あふれる風景作品を紹介します。

2.開催期間
2021年11月27日(土曜日)~12月6日(月曜日)

3.開館時間・入場制限
新型コロナウイルス感染拡大防止対策のためのご協力をお願いいたします。
・開館時間
 9:00~17:00(最終入館16:30)
・入場制限
1.館内における人と人との十分な間隔が確保できるようご協力をお願いいたします。
2.体温を自宅で検温の上、ご来館ください。体調不良者、37度5分以上の方の入館はお断りさせていただきます。
3.入場の際、マスク着用をお願いいたします。マスク着用がない方の入館はお断りさせていただきます。
4.入口での手指消毒をお願いいたします。
5.新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)のインストールにご協力お願いいたします。
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/cocoa_00138.html

4.休館日
2021年11月30日(火曜日)

5.入館料
無料

6.開催場所
久保記念観光文化交流館 美術品展示館
〒321-4305 真岡市荒町1105番地1
電話番号:0285-82-2012

7.久保資料室(久保記念館2階)のご案内
 久保貞次郎の功績を紹介しています。あわせて是非ご覧ください。

8.主催
真岡市教育委員会、栃木県立美術館

9.今後の展示のご案内
「芳賀教育美術展 関連企画 もおか子ども美術館」
会期:2021年12月9日(木曜日)~2022年2月6日(日曜日)
※当初の会期は、2021年10月21日(木曜日)~11月23日(火曜日・祝日)でしたが、緊急事態宣言に伴い上記日程に変更となりました。

美術品展示館 第30回企画展 「追悼 飯塚国雄展」

<企画展再開>
1.開催趣旨
 飯塚国雄は1939年に東京で生まれ、1961年に渡米し、ニューヨークを拠点に活動を続けた作家です。2020年4月に新型コロナウイルスに感染し、同年7月に逝去されました。「反戦・反核」のメッセージを発信し、社会派アーティストとして注目を集めましたが、色鮮やかなポップアート、女性をテーマにした柔和な水彩画など、多彩な作品を遺しました。また、1973年に「ニューヨーク日本人美術家協会」を創設し会長を務め、在米日本人作家の支援にも尽力しました。
 本展では、哀悼の意を表し、師と仰いだ美術評論家の久保貞次郎が所蔵していた久保コレクションと2021年にご寄贈いただいた新収蔵作品を通して、長年の活動の一端を紹介いたします。ニューヨークでたくましく生きた飯塚国雄の人間愛にあふれた作品世界をご堪能いただければ幸いです。
<出品作家>
飯塚国雄(いいづかくにお)、木村利三郎(きむらりさぶろう)、得田寿之(とくだとしゆき)、ヘンリー・ミラー、満志子ましこ

2.開催期間
2021年10月20日(木曜日)~11月23日(火曜日・祝)

3.開館時間・入場制限
新型コロナウイルス感染拡大防止対策のため入場制限を行います
・開館時間 9:00~18:00(最終入館17:30)
・入場制限
1.館内における人と人との十分な間隔が確保できるよう人数の制限をさせていただきます。
2.体温を自宅で検温の上、ご来館ください。体調不良者、37度5分以上の方の入館はお断りさせていただきます。
3.入場者の所在確認として、氏名、住所、電話番号、入館時間等を受付票に記入していただきます。
4.入場の際、マスク着用をお願いいたします。マスク着用がない方の入館はお断りさせていただきます。
5.入口での手指消毒をお願いいたします。
6.新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)のインストールにご協力お願いいたします。

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/cocoa_00138.html

4.休館日 毎週火曜日
5.入館料 無料
6.開催場所 久保記念観光文化交流館 美術品展示館
〒321-4305 真岡市荒町1105番地1
電話番号:0285-82-2012
7.久保資料室(久保記念館2階)のご案内
 本展出品作家たちと交流した久保貞次郎の功績を紹介しています。企画展とあわせて是非ご覧ください。
8.主催
真岡市教育委員会
9.今後の展示のご案内
アートリンクとちぎ2021 栃木県立美術館収蔵品展
「川上澄生 アラスカ物語-刻まれた若き日の風景-」
会期:2021年11月27日(土)~12月6日(月)

10.『美術品展示館企画展作品集』観光物産館にて発売中!
 美術品展示館の第1回~10回までの企画展の内容を収録した作品集を販売しております(1300円)。是非お買い求めください。

10月1日から臨時休館していた施設を再開いたします

8月20日(金)から9月30日(木)まで発令されていた緊急事態宣言の解除に伴い、臨時休館していた施設を10月1日(金)から再開いたします。
再開となる施設は以下の通りです。

・久保記念館
・美術品展示館
・まちづくりセンター

なお、真岡市観光物産館、Trattoria COCOROにつきましても通常通り営業しております。

施設は再開となりますが、引き続きマスクの着用や手指の消毒、密を避けるなど感染症対策にご協力くださるようお願いいたします。

美術品展示館 第29回企画展「モノクロームの世界 新収蔵作品と久保貞次郎の版画コレクション 」


1.開催趣旨
 モノクロームとは、「一つの色」を意味し、美術では、単色画、単彩画をさします。本展では、真岡市収蔵作品の中から、様々な版画技法で描かれた、主に白と黒によるモノクロームの表現を紹介いたします。久保貞次郎コレクションの多彩な版画作品をはじめ、2020年にご寄贈いただいた久保卓治の銅版画8点も公開いたします。

 色彩あふれる現代にとって、モノクロームの表現は、一見簡素な印象を受けるかもしれません。しかし、その制作過程や作家の意図を読み解いていくと、驚くべき技量とエネルギーが宿っていることがわかります。色のコントラストと、その間にあるグラデーションによって描き出されるイメージや質感、空間、光と影などの表現は、実に豊かな広がりを見せてくれます。久保コレクションの多様な版表現を通して、奥深いモノクロームの魅力に迫ります。

〈出品作家〉※五十音順
岩埼巴人、北川民次(きたがわたみじ)、木内克(きのうちよし)、久保卓治(くぼたくじ)、島州一(しまくにいち)、殿敷侃(とのしきただし)、中林忠良(なかばやしただよし)

2.開催期間
2021年6月17日(木曜日)~8月2日(月曜日)

3.休館日
毎週火曜日

4.開館時間・入場制限
新型コロナウイルス感染拡大防止対策のため入場制限を行います
・開館時間
 9:00~18:00(最終入館17:30)
・入場制限
1.館内における人と人との十分な間隔が確保できるよう人数の制限をさせていただきます。
2.体温を自宅で検温の上、ご来館ください。体調不良者、37度5分以上の方の入館はお断りさせていただきます。
3.入場者の所在確認として、氏名、住所、電話番号、入館時間等を受付票に記入していただきます。
4.入場の際、マスク着用をお願いいたします。マスク着用がない方の入館はお断りさせていただきます。
5.入口での手指消毒をお願いいたします。
6.新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)のインストールにご協力お願いいたします。
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/cocoa_00138.html

5.入館料
無料

6.開催場所
久保記念観光文化交流館 美術品展示館

〒321-4305 真岡市荒町1105番地1

電話番号:0285-82-2012

7.主催
真岡市教育委員会

美術品展示館 第28回企画展「関根伸夫 展」

久保記念観光文化交流館 美術品展示館 第28回企画展
「関根伸夫 展」

1.開催趣旨
関根伸夫(せきねのぶお・1942-2019)は、1960年代末から1970年代まで続いた日本の現代美術の大きな動向である「もの派」を代表する作家です。関根は、「現代美術とは空間認識の問題ではないか」と考え、まだ公共空間の中に彫刻作品を設置するという考えが一般的ではなかった1973年に、都市空間や建築空間に彫刻作品を設置し、空間自体を作品にする「株式会社 環境美術研究所」を設立します。関根のアートプロジェクトは世界各地で開催され、その数は数百にもおよび、現代美術界に大きな衝撃を与えました。

 関根は、作品のアイディアやイメージを構築して行く過程で、版画や素描を制作しました。現在、関根が残した版画や素描は、関根の当時の考えや制作計画の足跡をたどることのできる貴重な資料となっています。

 本展では、関根が本格的に版画制作を始めるきっかけとなった、1975年に開催された現代版画センターの企画展「島州一・関根伸夫 全国同時展 クロスカントリー 7,500km」で発表された真岡市所蔵の版画作品を中心に、島州しまくに一いちの作品とともに紹介いたします。また、関根の作品の源となった貴重な素描を紹介します。

<出品作家>※五十音順
島州一、関根伸夫

2.開催期間
2021年4月15日(木曜日)~6月14日(月曜日)

3.開館時間・入場制限
新型コロナウイルス感染拡大防止対策のため入場制限を行います
・開館時間
 9:00~18:00(最終入館17:30)
・入場制限
1.館内における人と人との十分な間隔が確保できるよう人数の制限をさせていただきます。
2.体温を自宅で検温の上、ご来館ください。体調不良者、37度5分以上の方の入館はお断りさせていただきます。
3.入場者の所在確認として、氏名、住所、電話番号、入館時間等を受付票に記入していただきます。
4.入場の際、マスク着用をお願いいたします。マスク着用がない方の入館はお断りさせていただきます。
5.入口での手指消毒をお願いいたします。
6.新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)のインストールにご協力お願いいたします。
COCOA https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/
4.休館日
毎週火曜日(5月4日は祝日のため開館)、5月6日(木曜日)
5.入館料
無料
6.開催場所
久保記念観光文化交流館 美術品展示館
〒321-4305 真岡市荒町1105番地1
電話番号:0285-82-2012
7.久保資料室(久保記念館2階)のご案内
 本展出品作家たちと交流した久保貞次郎の功績を紹介しています。企画展とあわせて是非ご覧ください。
8.主催
真岡市教育委員会
9.今後の展示のご案内
第29回企画展「モノクロームの世界」
会期:2021年6月17日(木曜日)~8月2日(月曜日)
10.『美術品展示館企画展作品集』観光物産館にて発売中!
 美術品展示館の第1回~10回までの企画展の内容を収録した作品集を販売しております(1300円)。是非お買い求めください。

第27回企画展「HIKARI-灯る、きらめく、光の絵画- 」

1.開催趣旨
 光を表現することは、いつの時代も画家たちにとって重要なテーマの一つです。本展では、真岡市所蔵の久保コレクションの中から、暖かな陽光、星の瞬き、揺らめく炎、人工照明、そして神聖な光など、多種多様な光を表現した絵画を紹介します。
 多くの人が光に対してポジティブな印象を抱いていることでしょう。現実の光と同様に、作家たちが精魂を込めて描いた光にも、鑑賞者を元気にしてくれるパワーが宿っているかもしれません。技法や素材などによって全く雰囲気の異なる光の表現をお楽しみいただくとともに、皆様の心を明るく照らしてくれるお気に入りの光=作品が見つかる機会となれば幸いです。

2.開催期間
2021年2月18日(木曜日)~4月12日(月曜日)
3.休館日
毎週火曜日(2月23日は祝日のため開館)、2月24日(水曜日)

4.開館時間・入場制限
新型コロナウイルス感染拡大防止対策のため入場制限を行います
・開館時間
 9:00~18:00(最終入館17:30)
・入場制限
1.館内における人と人との十分な間隔が確保できるよう人数の制限をさせていただきます。
2.体温を自宅で検温の上、ご来館ください。体調不良者、37度5分以上の方の入館はお断りさせていただきます。
3.入場者の所在確認として、氏名、住所、電話番号、入館時間等を受付票に記入していただきます。
4.入場の際、マスク着用をお願いいたします。マスク着用がない方の入館はお断りさせていただきます。
5.入口での手指消毒をお願いいたします。
6.新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)のインストールにご協力お願いいたします。
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/cocoa_00138.html

5.入館料  無料
6.開催場所 久保記念観光文化交流館 美術品展示館
〒321-4305 真岡市荒町1105番地1
電話番号:0285-82-2012
7.主催 真岡市教育委員会
8.久保資料室(久保記念館2階)のご案内
 本展出品作家たちと交流した久保貞次郎の功績を紹介しています。企画展とあわせて是非ご覧ください。
9.今後の展示のご案内
第28回企画展「関根伸夫展」
会期:2021年4月15日(木曜日)~6月14日(月曜日)
10.『美術品展示館企画展作品集』観光物産館にて販売中!
 美術品展示館の第1回~10回までの企画展の内容を収録した作品集を販売しております(1300円)。是非お買い求めください。

蔵と暖炉の久保邸イルミネーション

美術評論家・久保貞次郎邸だった明治、大正時代の米蔵や洋館を

約2万球の光がノスタルジックに彩ります。

〇開催期間:~1月31日まで

〇点灯時間:日没~19:30頃まで

〇電球の数:約2万球

※新型コロナウイルスによる緊急事態宣言が発令されておりますので、
 エリア縮小、時間短縮して点灯しておりますので、ご了承ください。

投稿日: | カテゴリー: お知らせ

もおかぴょん&コットベリーの「傘」を発売!

真岡市観光協会オリジナル新商品発売!

もおかぴょんとコットベリーのビニール傘を発売しました。

1本:455円(税別) 直径60㎝ (カラー:5色)

↓物産館で販売しています。

↓開くとこんな感じでイラストが入っています。

 

【お問い合わせ】真岡市観光物産館 ☎0285-82-7205 定休日:火曜・年末年始