最新情報

【開催中の企画展】写真×版画ー融合する2つの表現ー


20世紀以降の複製技術の発達と普及によって、芸術分野には新たな表現が次々と生まれました。
美術評論家であり美術品の大コレクターでもあった久保貞次郎(くぼさだじろう・1909-96)の周辺には、その技術と柔軟に向き合い、新しい表現の可能性を見出した多くの作家たちがいました。
本展では、久保に大きな影響を与え親交の深かった瑛九(えいきゅう・1911-60)による写真(フォト・デッサン)、写真や光学機器を利用した版画など、2つの表現にまつわる多彩な作品を紹介します。
  
瑛九《題不詳》、曖嘔《虹のロボット Rainbow robot》、吉原英雄《二十歳の肖像》

開催期間
前期:2019年10月17日(木曜日)~12月2日(月曜日)
後期:2019年12月5日(木曜日)~2020年1月20日(月曜日)

開館時間 午前9時~午後6時(最終入館 午後5時30分)

休館日 毎週火曜日(祝日の場合は翌日)、12月4日(水曜日)、年末年始(12月29日(日曜日)~翌年1月3日(金曜日))

入館料 無料

※ギャラリートークのご案内
学芸員と楽しくおしゃべりしながら作品を鑑賞してみませんか。
日時:2019年10月20日(日曜日)午後2時~
   2019年12月8日(日曜日)午前11時~
場所:美術品展示館
※各回20分程度、申込不要、直接美術品展示館に集合。

開催場所
久保記念観光文化交流館 美術品展示館
主催 真岡市教育委員会

  

真岡市文化課 美術品t連時間企画展

【台風19号に関するお知らせ】

台風19号の影響により、10月12日(土)・13日(日)の2日間、久保記念観光文化交流館と真岡木綿会館の両施設を臨時休館いたしましたが、両館とも被害はなく、14日(月・祝)より通常営業させて頂いております。

被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。

投稿日: | カテゴリー: お知らせ

歴代の知事賞(芳賀教育美術展より)

芳賀教育美術展 歴代の知事賞展

開催日時:2019年9月19日(木)~10月7日(月)
      午前9時~午後6時(入館は午後5時30分まで)
休館日:毎週火曜日
観覧料:無料
主催:真岡市教育委員会、一般社団法人真岡青年会議所

”もおかぴょん簡易包装”いたします♪

この度、観光物産館では「もおかぴょん簡易包装」のサービスを始めました!
これは、真岡市地域おこし協力隊から「もおかぴょん”熨斗スタイル”簡易包装紙」を制作し、先日届けられたのです♪

↓地域おこし協力隊FACEBOOK
https://www.facebook.com/mokashi.chiikiokoshi/posts/730667940723233

物産館では、常時2種類の大きさと3種類の絵柄をご用意しています。
真岡のお土産を”もおかぴょん”と一緒にプレゼントしてみませんか?

第21回企画展 アニマルワールド ー絵の中の動物に会いに行こうー

会期:2019 年 7月 18 日(木曜日)~ 9月 16 日(月曜日 ・祝日)

   
吉原英雄《デューラーの兎》1978年            曖嘔《くじゃくの時間A》1977年

 真岡市所蔵の久保コレクションから、久保貞次郎が交流し支援した作家たちが生み出した魅力あふれる動物画の世界を紹介します。
<主な出品作家>
靉嘔、 泉茂 、岩崎巴人、桂ゆき 、北川民次 、竹田鎭三郎、福沢一郎、 藤本よし子、ヘンリー・ミラー、吉原英雄

<関連ワークショップ開催>

「ストリングアートで動物を描こう」
日時:2019年8月4日(日)午後2~4時
対象:小中学生(小学生は保護者同伴)
定員:15名程度
料金:300円
持物:好きな動物の下絵(25×25cm以内)
申し込み:久保記念観光文化交流館に直接、または電話0285-82-2012にてお申し込みください。

 

COCORO臨時休業のお知らせ

いつも、創作イタリアンレストラン TrattoriaCOCORO をご利用いただきまして、ありがとうございます。
以下の通常営業日につきまして、店舗都合により”臨時休業”させて頂きます。
お客様には、ご不便をおかけしますが、何卒、ご了承くださいませ。

臨時休業日時 2019年6月8日(土) 終日
※隣接の観光物産館カフェコーナーも飲食の提供はできませんので、ご了承くださいませ。

[お問合せ]
TrattoriaCOCORO
TEL.0285-84-8008

新発売!”もおかぴょん”ブレンドコーヒーDP

本日、観光物産館(もおかのおみやげ屋さん)に真岡市のゆるきゃら”もおかぴょん”をパッケージにした、”もおかぴょんブレンド・ドリップパック”が発売されました♪♪
真岡珈琲豆舎ソワカフェさんの自家焙煎ブレンド珈琲で、お湯を注いで、すぐに本物の味が楽しめる”ドリップパック”1パック個包装が2パックで300円(税別)です。
ぜひ、お求めいただき、ご家庭で”もおかぴょんブレンド”お楽しみください!

もおかぴょんブレンド



物産館入口右側にございます。


個別包装だから、香り引き立つ、ソワカフェ”挽きたて”の味。


珈琲豆の美味しさがわかります♪

没後30年 北川民次展 美術品展示館第20回企画展


[愛情]北川民次 紙・リトグラフ


[久保貞次郎肖像]北川民次 カンヴァス・油彩

北川民次(18945-1989)は、久保貞次郎の美術教育論に大きな影響を与え、とても親交が深かった画家です。
本展は北川民次の没後30年を追悼し、久保貞次郎が収集した民次の油彩や版画、さらに民次から影響を受けた画家たちの作品もあわせて展示いたします。
人間愛に満ちた表現豊かな民次の芸術をお楽しみください。

会期:5/16(木)~7/15(月・祝)
※火曜日休館
開館時間:午前9時~午後6時(最終入館午後5時30分)

【まちかど美術館】北川民次 絵本原画展

 

1.開催内容
 北川民次(1894-1989)は、力強い独特の画風で母子や花、メキシコなどをテーマに二科会で活躍した画家です。静岡県出身の民次は、アメリカで美術を学んだ後、メキシコに渡り画家として活動しながら美術学校の先生を務めました。民次が絵本制作に取り組んだのは、メキシコで15年間の生活を終え、戦前に日本に帰国してからです。民次は、親交の深かった久保くぼ貞次郎さだじろう(1909-96)に資金援助など協力を依頼し、芸術的な子どもの絵本制作に励みました。久保コレクションには民次が手がけた絵本の原画が多数収蔵されています。

 本展では、北川民次が1944年に制作した動物の絵本に注目し、前期では『ジャングル』(文:佐藤さとう義よし美み、画:北川民次 帝国教育会出版部 1942年)、後期では『うさぎのみみはなぜながい』(文・画:北川民次 福音館書店 1962年)の絵本原画を紹介します。生き生きと表情豊かな動物たちをご覧ください。また、渡辺私塾美術館からの特別出品作品として、民次と交流のあった画家藤田嗣ふじたつぐ治はるの版画も展示いたします。

2.開催期間
前期5月9日(木)~7月8日(月)、後期7月11日(木)~9月2日(月)

3.休館日
毎週火曜日、7月10日は展示替えの為、休館

4.開館時間
午前9時~午後6時(最終入館 午後5時30分)

5.入館料
無料

6.開催場所
まちかど美術館
〒321-4325 真岡市田町2203番地1
電話番号 080-8736-3984
※駐車場は真岡信用組合荒町支店西側にございます。

参考
1938(昭和13)年4月に栃木県の真岡では、地元の久保貞次郎(1909-96)らにより第1回児童画公開審査会が開かれて新しい図画教育の探究 が始まりました。2ヶ月後に久保は、メキシコ・タスコから2年前に帰国した北川民治(1894-1989)と出会い、戦争で中止になる1942年第7回ま で開催し続けました。
 敗戦後の1952年5月に久保や北川ら21名は「児童の個性の伸長こそ新しい教育の目標だ」とする《創造美育協会宣言》を高らかに謳います。戦後 民主主義を体現した精神や授業実践の創美運動への共感が全国に広がってマスコミの注目を集め、3年後の創造美育研究会には、1670名もの参加者で溢れました。その命脈は現代日本の美術教育に受け継がれています。